より良い麻雀を目指して

玉石混交の麻雀のルールをより良くするために、ここに麻雀の改良ルール専門サイト「綾目麻雀の里」を開設します。

なぜ今新しい麻雀のルールが必要か

日本の一般的なリーチ麻雀は 20世紀初頭に 中国から輸入されてから現在に至るまでの間、その時々の流行によってルールが追加され複雑化の道をたどってきました。麻雀にはギャンブルとしての側面があり、追加されたルールの多くはギャンブル性を高めるためのものでした。

しかし、麻雀であろうと何であろうと、法に規定された一部の例外を除き金銭を賭けることは違法です。時代を経るにつれギャンブル以外の娯楽が増え、またギャンブルに対する世間の目が厳しくなっていき、麻雀人口は減っていきました。

現在衰退の最中にある麻雀は今後どのように変化するのでしょうか?
私の予想では、麻雀人口は減少し続け、他の非常にたくさんある多様なゲームの中に埋もれてしまうでしょう。

私は麻雀が(それなりに)好きです。私はほかのゲームと比べ比較的長い歴史を持つ麻雀が、将棋や囲碁に肩を並べる程ではないにしても、最近のゲームよりは広くプレイされ、かつ歴史あるものとして尊重されるものであってほしいのです。

そこで私は新しい麻雀のルールを考案することにしました。なぜならば、現在の麻雀のルールは複雑性とギャンブル性が高いため、一般受けしにくく時代の流れとして麻雀人口が減少せざるを得ない、と考えるからです。